右足が変・・・?

2010.08.16 22:22|病気
残暑お見舞い
残暑が厳しい毎日、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

昨日は、終戦記念日。
TVで終戦記念日特集の番組があちこちでありましたね。

子供の頃から、戦争ものの番組や小説や映画が好きで・・・
「好き」という言葉は、語弊があるかもしれませんが。
興味があったというか、気になったというか。

父も戦争当時は、ほとんど記憶に無いほどの幼児で
私達は、いわゆる戦争を知らない世代です。
当時の様子をTVや本や映画から得るしかなかったのですが
いつ見ても心が痛くなります。

自分の子供達が大きくなるにつれて、ますます心が痛くなります。
息子は22歳、65年前だったら出征していたと思うと辛い(泣
いや・・・泣かないで喜ばなきゃいけなかったあの時代。
親も子も、どんな想いで居たのだろうと想像するだけで
なんとも言えない気持ちで一杯です。

自分の気持ちも意思も「無」にしたあの頃。
数え切れないほど多くの若い命が失われたあの頃から65年。
ある終戦記念のTVドラマでのセリフに
「今の日本人は豊かと便利を穿き違えてる」
「我々の時代は、生活は豊かじゃないし便利ではなかったけど
 心は豊かだった」・・・と。

「豊か」と「便利」確かに違うのに
「便利」な世の中に慣れてしまったこと。
そして自分さえ良ければいいという貧しい心を持った人が多いこと。
情けなく、哀しく思う今日この頃・・・

終戦記念日を迎える少し前に、20歳代の男性が脳死をして
臓器提供の意思表示を書面でしていなかったけど
家族が臓器提供の意思を聞いていたということで
いくつかの臓器が、患者さんに移植されたというニュースを
連日の様にマスコミが流す・・・

家族も断腸の想いで決意をしたのに・・・
そして、その臓器を何年も待ってる患者さんが
数えられないほど居るのに・・・
助かるはずの命が絶えていってしまっているのに・・・
もう、いいじゃない・・・そんなにワーワー報道しなくても。
賛否両論あるのは当然だけど
もう、そっとしておいてあげて欲しいなと怒りを感じてしまった。

まさしく心の「豊かさ」の欠如じゃないかな~と・・・

という事で、私もいつ臓器提供者になってもいいように
もう無駄かもしれないけど、メンテナンスしなきゃな~と思い
近々、意を決して外科に行ってこようかと思ってます^^;

いつの頃から、右足の膝と大腿骨の付け根がおかしい。
時々、大腿骨の付け根から力が抜けてガクッと座り込んでしまう。
立ち上がれない、サッサと動けない状態・・・

私の叔父さんが右足を太ももから切断するほどの病気になり
それが原因で亡くなってしまった・・・
とふと、自分の症状と重ねてしまって^^;

いぇ、それほど深刻には考えていないけど
病気の説明を、また一からしなきゃいけないのが億劫だな~
とそんな事を考えてる、のん気な私でした。
カレンダー

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

プロフィール

しぃ

Author:しぃ
筋力がどんどん失われていく。
そんな体でも好きな事は
失いたくない...
ホントは弱虫の寂しがり屋さん。
なのに平静を装うのがお得意な
頑張り屋さん。
今日を後悔しない様に生きていたい。

Profile

カテゴリ

管理人へのお手紙


最近のコメント

ドロップダウン リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10 

ページトップへ