感動する瞬間・・・

2011.05.06 18:07|音楽
高校は音楽科に進まないと決めた時から
すっかり私は、楽典を忘れてしまいました。
必ず耳で聴いて、その場で音を覚えて
それから楽譜を見て弾くので、元々初見で弾けないのです。
もちろん、基本は判りますが音楽科でそれは通用しませんから。

それ以来、私のピアノは全て感です。

楽譜通り弾かないで有名なフジ子・へミングさんも
難聴でありながら、あの素晴らしい演奏・・・
彼女の弾く「ラ・カンパネラ」は楽譜にない音を紡ぎだします。
この世で最高だと思って聴いていた「ラ・カンパネラ」

盲目のピアニスト辻井信行さんの弾く「ラ・カンパネラ」も
何ともいえない感動で涙がでるほど素晴らしかった。
盲目だから・・とか、障害があるから・・とかじゃなく
心が音を伝わって感動を呼び起こしてくるようでした。

私は、フジコ・へミングさんが弾く「ラ・カンパネラ」が
どんなピアニストよりも、大好きだったけど
辻井さんの演奏を聞いて、気持ちが変わりました。

辻井さんにピアノを教えたのはお母さんだそうです。
楽譜は見えないから、お母さんの努力はもちろんのこと
きっと辻井さんの「感」が優れていたんでしょうね。

先日、私のYou Tubeチャンネルに来たメールに
動画が添付してありました。

よくメールを頂く事があるのですが
これほど感動して、心が震えたメールは初めてです。

目が見えない方が音を聴きながら自分でアレンジして
「川の流れの様に+愛燦燦」を弾いてる姿です。

決して凝った難しい伴奏ではなく
寧ろ元歌の音に忠実で、優しいアレンジです。

私は、こんな綺麗な伴奏はできませんが・・・。
目は見えるのに、楽譜を読んで弾く事が好きではない私は
なんだか、彼に同じ様な姿を見ました。



楽典でもない・・・
「感」コレだけでも、心を動かす事はできるんだね。
カレンダー

04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

プロフィール

しぃ

Author:しぃ
筋力がどんどん失われていく。
そんな体でも好きな事は
失いたくない...
ホントは弱虫の寂しがり屋さん。
なのに平静を装うのがお得意な
頑張り屋さん。
今日を後悔しない様に生きていたい。

Profile

カテゴリ

管理人へのお手紙


最近のコメント

ドロップダウン リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10 

ページトップへ